お知らせ

2014-04-07 15:59:00

ここ二三日の雨風のせいで

 

あっと言う間に、満開の桜も

 

半分ほど葉桜に・・・

 

何やら惜しまれるような

 

寂しいような・・・

 

 

 

 

万葉集の中にもございますが

 

 

春雨よ、いたくな降りそ桜花

 

いまだに見なくに散らまく惜しも

 

 

(春雨よ、そんなに激しく降らない

でおくれ、桜の花をまだ見ていな

いのに散ってしまっては惜しい)

 

 

まさに、そんな気持ちです・・・

 

 

 

 

ですが!

 

 

この時季は、旨いお酒がたくさん

 

出る時季でもあります!

 

限定酒も多く出荷されております。

 

春らしいお酒に酔いしれるのも

 

粋ですよね~(*´▽`*)

 

 

 

 

毎度すいません<(_ _)>

 

前置きが長くて・・・

 

 

 

 

今・・・

 

お客様の声が聞こえました・・・

 

 

(要は、桜は散っても美味しい

今しか飲めない限定酒が、入荷

してるからお酒で春を感じるの

も良いですよね・・・

いうことを伝えたかったわけね)

 

 

 

はい!そのと~りでございます(笑)

 

 

 

 

お待たせ致しました!

 

 

 

最初のご紹介は、新潟県から

 

誰もが知る有名酒造さん!

 

 

 

朝日酒造さん(あさひしゅぞう)

 

 

と言えば、久保田ですよね~

 

 

その久保田の生原酒が入荷です!

 

 

 

しぼりたての生原酒らしい

 

スッキリ感とキレがあり度数も

 

19度と少々高めですが・・・

 

流石は久保田!

 

最初は、力強い味わいの後に

 

(先ほどもお伝えしましたが)

 

スッキリとした米の旨味

 

キレの良さが喉を心地よく

 

通り抜けていきます!

 

淡麗辛口と言えば、伝わり

 

ますでしょうか!

 

 

 

これは旨い!

 

この機会に是非!

 

本当に美味しいです!( ゚Д゚)

 

 

 

 

そして、もう一つのご紹介は

 

 

 

熊本県人吉市と言えば!

 

 

球磨焼酎ですね~

 

 

今回、入荷致しましたのが

 

 

 

松の泉(まつのいずみ)酒造さん

 

 

水鏡無私(すいきょうむし)

 

 

 

水鏡無私とは、中国の古典にある

 

「三国志」の言葉から由来している

 

そうです。

 

 

 

この米焼酎を生み出すために

 

それまでの仕込み方法をガラッと

 

変えたそうで、仕込み蔵に約20t

 

もの備長炭を敷き詰め、仕込み水

 

にも備長炭を使用し、なんと!

 

原材料米の田んぼにまで炭を

 

埋め込む徹底ぶり!

 

 

 

これには理由がありまして

 

マイナスイオンを大量に発生

 

させて、米の雑味を取り除き

 

米の純粋な旨味を引き出す

 

ために、ここまで大がかりな

 

仕込みになったそうです・・・

 

流石は、肥後もっこす!

 

 

 

本当に雑味がなく

 

まるで吟醸酒のような・・・

 

 

 

一言で表すと、雑味のまったく

 

無いキレイなお米の旨味と言

 

えば、一番伝わるのではないで

 

しょうか・・・(^-^*)

 

これは、飲みやすくてスイスイ

 

イケてしまいそうですσ(^◇^;)

 

この機会に是非!

 

 

 

ちなみに、この松の泉酒造さん

 

社長は、ウッチャンのいとこです。